理系の蛙

人生を勉強中。理系ネタ・本関係が多めです。

【LaTex】『LaTex』って知ってるか?

Q:LaTexって知ってるか?

A:知らない

 

 

理系界隈に生きる人にとっては有名ですよね。そうでなくとも、教材を扱う方はご存知の方が多いと思います。

私は卒論を執筆する為の練習として実験レポートをLaTexで書いていました。(卒論は思っていたよりも枚数が伸びそうにないのでWordで良かったかもしれません。)

私の周りにLaTexを使っている人が少ないので、布教がてらご紹介します。

LaTexの導入方法はネット上に散見されるので今回はあくまで紹介です。

※私が導入した際の環境下での情報がなかったので以下の環境での不具合などは今後記事にするかもしれません。

macOS Catalina:不具合(MacTexのパッケージの一部がOSの仕様で弾かれてしまう.TexShopにおけるコンパイルエラー.外部エディタの設定など)

 

 

----以下本文----

 

>LaTeXとは

仕様・技術的、歴史的な話は省略。早い話Wordのような文章作成ツールです。

LaTexの特徴として数式にとても強いことが挙げられます。理系の文章作成ツールに良く用いられるのはこの為です。

 

具体例として

 

例1:このような数式は

f:id:kawazuInwell:20210206144703p:plain

 

LaTex記法では以下のように記述します。

------------

\begin{eqnarray*}
f(x)=3x^{2}+5x-1
\end{eqnarray*}

------------

 

例2:このような数式は

f:id:kawazuInwell:20210206144709p:plain

 

LaTex記法では以下のように記述します。

------------

\begin{eqnarray*}
f^{n}(z) = \frac{n!}{2 \pi i} \int_{C}\frac{f(\zeta)}{(\zeta-z)^{n+1}} d\zeta
\end{eqnarray*}

------------

 

例1のような簡単な数式ではあまりLaTexの恩恵は感じられませんが、例2のように数式が複雑化する場合にLaTex記法での良さが感じられます。
実際に入力する文字列が難しく感じられますがルールやコマンドを覚えてしまえばかなり楽に数式を記述することができます。

また、文字列を見るとプログラミング言語のように感じられますが、厳密にはプログラミング言語ではありません。どちらかと言うとマークアップ言語などに近いものになります。
プログラミングのように思考力が必要になるわけでは無く、ルールを覚えてしまえば脳死で記述することができます。あくまで文章作成ツールですからね。

 

>LaTexのメリット

  • 数式が美しい・早く記述できる
  • 理系特有の図や記号に対応している
  • 雛形を作成し効率化
  • OSの影響を受けにくい(重くなりにくい)
  • レポートを楽しみながらかける(かも)

 

 

>>数式が美しい・早く記述できる

Tex系の導入を行って記述する場合、大変美しい数式の記述が可能です。
LaTex記法自体はWordやPagesなどのメジャーな文章作成ツールでも行うことができます。しかし、任意の箇所に数式を記述するためにはその都度数式パレットをマウス操作やショートカットキーを用いて起動しパレット内に文字式を記述する必要があります。

一方、Tex系エンジンを自身のマシンに導入しVS codeAtomなどの外部エディタ・LaTexに関する拡張機能をインストールすることによってコマンド入力のみで任意の箇所に数式を記述できます。さらに、拡張機能をインストールすることによってコマンドなどの自動補完*1を行ってくれます。数式の記述に関してキーボードから手を離すことがなくスピーディーに文章の作成が可能です。

*1 自動補完例:\beと入力すると自動的に\begin{eqnarry} \end{eqnarry}と記述してくれます。

 

>>理系特有の図や記号に対応している

適切なパッケージを使用することで以下のようなベンゼン環などもコマンド入力で出力できます。

f:id:kawazuInwell:20210206144715p:plain

 

>>雛形を作成し効率化

LaTexでは文章全体の骨組みを雛形として使い回せるので一度骨組みを作ってしまえばレポート作成が楽になります。

 

>>OSの影響を受けにくい(重くなりにくい)

私のマシンはWordとの相性が悪いのでLaTexを使いはじめました。また、ページ数が増加してもアプリケーション自体が重くならないと感じています。.txtファイル自体は低容量です。

 

>LaTexのデメリット

  • 導入がめんどくさい
  • 定期的にトラブルが発生

 

 

>>導入がめんどくさい

Tex系エンジンの導入はそれなりにPCの扱いに慣れていないと手間に感じるかもしれません。統合環境やエディタの設定など書き始めるまでに時間がかかります。

LaTexクラウドサービスもあるので一考の価値があるかもしれません。煩わしい導入無しにすぐに書きはじめられます。

 

>>定期的にトラブルが発生

よくコマンドを忘れたりします。画像の挿入でエラーが発生したり。
その都度調べるのは少々手間かもしれません。
ネットや書物に情報はたくさんあるので大抵のことはすぐに解決できます。

 

 

 

---以上----

LaTexの導入の過程で勉強になることもあるので興味がある方は導入してみてはどうでしょうか。